浄水器の種類とその比較

浄水器とひとくちに言っても、その種類は多種多様です。

浄水器について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

近年では、新しいタイプのものもどんどん販売されており、その種類は増える一方です。

ホームセンターや家電量販店などでも販売されていますが、購入する場合にはどんな種類を選べば良いのでしょうか。浄水器には、大きく分けると3種類あります。
蛇口直結型、浄水器内蔵型、ピッチャー型です。
日本の家庭でよく見るのは直結型か内蔵型ですが、最近ではピッチャー型も人気が出てきており、テレビCMでも見かけるようになりました。ピッチャー型は、ボトルの内部に浄水カートリッジが取り付けられており、水を注ぐとそこを経由して水が綺麗になるというものです。


1度に浄水できる量は少ないですが、カートリッジを洗えば何度でも繰り返し使用することができます。



そのまま冷蔵庫で保管できるというのも大きな特徴です。


蛇口直結型は、蛇口の先端に直接浄水器を取り付けるものです。

小型のものが多く浄水量はあまり多くないので、こまめなカートリッジ交換が必要です。



性能は製品によって大きく異なりますが、カビ臭や農薬まで除去できるものもあります。

浄水器内蔵型は、水栓の内部に筒型のカートリッジが内蔵されているものです。

外付けではないので見た目もすっきりとしていますし、カートリッジの交換も簡単です。

原水と浄水、お湯を使い分けできるのも特徴です。
浄水量は少なめなので、こまめにカートリッジを交換することが必要です。